Blog

音楽理論に基づき体の使い方も分かりやすく伝えています

自主練の正しい方法を解説しレッスン外でも皆様をサポートします

お家時間も増えている中、自主練習に取り組むとき自己流で間違ったトレーニングを行ってしまうことは得策とは言えません。感染症対策やお仕事の都合などで外出が制限されている方は、ご自宅で楽器や歌の練習に悩んでいる方も多いですが、その場合も正しいやり方で効率よくトレーニングすることをおすすめします。

ブログでは、各ジャンル・楽器においてプロとして活躍する講師陣が自主練習の方法などを理論に基づき分かりやすく解説し、皆様をレッスン外でもサポートできるように努めています。

  • むーでぃブログサムネ

    【自由が丘のドラム教室】むーでぃブログ/Syst...

    2023/01/22
    どうも、むーでぃです。新年、明けましておめでとうございます!今年も、いろいろな動画やブログを投稿していきたいとおもいます。今年もよろしくお願いします!本日は、年末に投稿したSystem Of A Dow...
  • RRJサムネイル

    IDENTITY CRISIS 「ロックンロールジャンキー...

    2023/01/17
    ドラム科 KATSUKI(渡辺克己)講師が所属するバンドIDENTITY CRISIS(アイデンティティクライシス)の1stアルバム「ロックンロールジャンキー」が2023年1月25日に発売されます。 収録曲「Rock & Roll Junk...

CATEGORY

NEW

  • 【自由が丘のドラム教室】むーでぃブログ/System Of A Down/B.Y.O.B解説!〜3連バスドラ・ブラストビー...

    query_builder 2023/01/22
  • IDENTITY CRISIS 「ロックンロールジャンキー」オンエア情報

    query_builder 2023/01/17
  • 【ウィンズエンターテインメント】高崎実のファイントーク第10回放送!!

    query_builder 2022/12/30
  • 【自由が丘の音楽教室】ドラム科ARIMATSU講師ワークショップ決定!!

    query_builder 2022/12/25
  • 【ウィンズエンターテインメント】高崎実のファイントーク第9回放送!!

    query_builder 2022/12/17

ARCHIVE

歌の練習はスタジオやカラオケ店、教室など防音性や遮音性に優れた環境で行うのが望ましいですが、お仕事の都合や感染症対策等でなかなか外出ができない場合、どのように練習するのが得策でしょうか。

ペットボトルを使った肺活量トレーニングや、無声音で音を出さずに歌ってみる方法なども自主練としてよく挙げられる例ですが、騒音を考えて大きな声を出せない自宅トレーニングは、正しい知識に基づいた正しいやり方を実践しなければ適切な効果は期待できません。そのため講師陣によるブログでは、自宅練習での正しい取り組み方などを紹介し、ボーカルレッスンにおいても理論に基づいた正しい呼吸法(腹式呼吸)や、発生しないボイトレ(ロングブレス・リップロール・タングトリル)などをお教えしています。各ジャンルで第一線を走るプロが自主練のおすすめや音楽理論などを丁寧に解説し、より音楽に親しんでいただける内容です。