【自由が丘のギター教室】今からでも遅くない!!ギター選びと上達のコツをお教えします!!

query_builder 2021/08/25
お知らせ
ギター記事サムネ②


自由が丘のギター教室 ウィンズ音楽教室ギターブログです♪


今日は、前回の予告通り ギターの選び方や上達するためのコツを解説していきたいと思います。


ギターを弾く前に知っておいて方が良い知識


ギターを弾くためには 事前にいくつか基礎知識を身につけておく必要があります。今日は3つの基礎知識を紹介します。


① ギターを弾くためにはTAB(タブ)譜

ギターに限らず、音楽初心者の方の中に 楽譜・音符が読めないという理由で 上達への不安が生まれて 挑戦を諦めた方も少なくないでしょう。

もちろん、ギターもヴォーカルもベースもピアノも 楽譜が読めるのなら それに越した事はありません。

しかし、ギターやベースはTAB譜という弦楽器の演奏に特化した譜面が使用されることが多く、いわゆるオタマジャクシの五線譜楽譜が読めなくてもギターを弾くことができるのです。

ギターを始めてしばらく経ち、技術が向上して 上達してくると、やはり五線譜の楽譜が読めた方が良い局面が出てきますが、その頃には ある一定のレベルに達していて、少しずつ五線譜に慣れている事でしょう。


② 絶対的に大切なのがチューニング(調律)

ギターを弾く前に必ず必要なのがチューニング。ギターの弦1本1本を正しい音程に整える事です。

弦は振動させる為に伸び縮みする素材になっているので、気温や湿度の変化で段々と弦が伸びてしまいます。

ギターだけに限らず、弦楽器は全てチューニングが必要です。

チューニングの方法を覚えることから全てがスタートするといっても過言ではありません。


③器用・不器用に限らず、練習次第で必ず上達します!

小学校の時に図画工作が苦手だったり、プラモデルみたいな玩具を上手く作れなかった など自分自身の事を「不器用」と思っている方、多いと思います。

さらに、その記憶から「自分はギターなんか絶対に弾けない」と考えている方って多いんですよね。

当然ながら、人差し指から小指の4本で弦をおさえてコードを鳴らすことは簡単ではありませんが、指のポジションやリストの角度などを調整しながら練習することでギターは確実に上達します。



ギターの種類


ギターには大きく分けて2種類あります。

それぞれのギターの特徴について少しお話ししましょう。


①アコースティックギター

アコースティックギター、通称アコギです。

このギターは 電源の必要がなく、楽器のボディそのものに音を反響させて演奏するギターを指します。

アコースティックギターは、ポピュラーミュージックはもちろん クラシックを含めた様々なジャンルで用いられていて、特に弾き語りなどに適している楽器です。 アコースティックギターはさらに分類があり、 スチール弦で弾くフォークギター ナイロン弦で弾くクラシックギター ボディが大きめのウエスタンギター 等が存在します。


②エレキギター

弦の振動を電気信号に変えてアンプやスピーカーを通して増幅させて演奏するのがエレキギターです。

ジャンル的にはロックやジャズの演奏で使われる事が多く、他の楽器とのアンサンブルの中でも音に存在感があり 埋もれない特徴があります。

アコースティックギターと違うところは音色を自由自在に変えることができるので、演奏曲の雰囲気に合わせて「ギュイーン!」「ピロロ〜ン」「ジャカジャーーン!」「シャラララン」のように異なる様々な音を楽しむ事ができます。



初心者の方へオススメするギターと選び方

初心者の方は、どのようなギターを選べば良いのか迷ってしまうことでしょう。

なので、初心者の方にオススメのギターと選び方について解説したいと思います。


①弾き語りを目的にするのなら断然アコースティックギター

ギター演奏しながら歌を唄う弾き語りをしたい方は、アコースティックギターをオススメします。

スチール弦のフォークギター弾き語りであれば、J-ポップ系の楽曲を唄うことができます。ジャズ系の楽曲を演奏したい場合にも、アコースティックギターはマッチします。


②バンド演奏を目的にするなら絶対エレキギター

例えば、友人や職場の仲間とバンドを組んで ギタリストの憧れ「ギターソロ」を弾きたいというのであれば、エレキギターがオススメです。

更に、エレキギターは種類も豊富で、価格帯も広く選択肢が多いので、自分に合ったギターを見つけられる事でしょう。



初心者の方には新しいギターがオススメ

楽器は全般的にそうですが、ギターにも新品や中古があり 楽器店で販売されています。

ですが、初心者の方にはできるだけ新品をオススメします。

というのも、ギターを中古で購入して故障した場合 修理代が高くつく事が多く、それがキッカケで せっかく始めたギターを辞めざるを得なくなるかも知れません。

少し値段が高かったとしても おニューのギターを買って、ペットや我が子のように愛情をもって手入れしながら練習に励む事は 上達への近道になる事も多いです。


いかがでしたか?

ギターを始めようとしているアナタの参考になれば幸いです。


ウィンズ音楽教室では ギターの選び方から懇切丁寧にアドバイスするレッスンを行っています。


まずは、ギターを始める前に抱えているお悩みも含めて 無料体験レッスンで解消してみませんか?


CATEGORY

NEW

  • 【自由が丘のドラム教室】加藤久幸講師YouTubeチャンネル「家でQ〜其之参〜」

    query_builder 2021/09/24
  • 【自由が丘のベース教室】ベース初心者必読!入門編①

    query_builder 2021/09/22
  • 【自由が丘の音楽教室】ウィンズ音楽教室facebookページOPEN!

    query_builder 2021/09/19
  • 【自由が丘のボーカル教室】閉鎖筋って何? 良い声に欠かせない喉の筋トレを教えます!

    query_builder 2021/09/15
  • ドラム科 加藤久幸講師YouTubeチャンネル更新情報!!

    query_builder 2021/09/10

ARCHIVE