【自由が丘のドラム教室】むーでぃブログ / 中抜きフレーズ!coldrain/The Revelation解説しました

query_builder 2023/05/06
むーでぃブログ
むーでぃブログサムネ

どうも、むーでぃです!

本日は以前Youtubeに投稿させていただいた
coldrainのThe Revelationという曲を解説していきたいと思います。

この曲は
とにかく中抜きフレーズが多く大変です。
中抜きフレーズ以外にも、
Bメロのタム回しなどもスムーズにこなしていくには練習が必要なので頑張っていきましょう!

難易度の高い部分は

  1. イントロ中抜きフレーズ
  2. イントロ中抜きフレーズ2
  3. Bメロのタムをいれたビート
  4. 間奏中抜きフレーズ

ですね。
今回はこの4つを解説していきたいと思います。



イントロ中抜きフレーズ

まずはイントロです。
中抜きフレーズは、
ドコドコのツインペダルフレーズの間に所々にバスドラを入れない部分ががあるフレーズになります

所々フレーズは抜けますが、リズムは崩れず疾走感も残したまま踏んでいきます。

中抜きフレーズの何が難しいのかといえば

  • 間の抜ける部分が覚えづらい
  • タイミングがわからない
  • ポリリズムのようになるためリズムがズレる
  • シンバルが合わずリズムがズレてしまう

などなどが難しい点で挙げられます。
このような中抜きフレーズはゆっくりから練習するのは勿論ですが

休符、右足スタートなのか左足スタートなのか自身で決めていく必要があります。

この曲のイントロ1では、

ドドドドドドド タン(スネア)ドドッドドッドドッドド タン(スネア)ドドッドド

と擬音語にするとこのようなイメージになります
まず、間が抜ける休符部分とバスドラの入るタイミングを覚えていきましょう!

私の場合は、全て右足スタートで行っております。

そして、急に叩こうとすると上手くいかないので

  1. まずはゆっくりとクリックに合わせてバスドラをしっかりと埋めていく練習をしていきます。
  2. クリックに合わせて、スネアとバスドラを入れる練習をします
  3. クリックに合わせシンバルとバスを合わせます
  4. シンバルとスネアを入れて練習します

この順番で行っていきましょう!
また、スネアとバスドラの練習ができるようになりスネアとシンバルを加えると難易度が一気に上がります。

一気に難易度が上がる感じ螺旋丸の練習みたいなイメージですね

あとは、できるようになるまではひたすら根気と勝負のです。
できない所から初めていくので、道のりは長いです!

その辺は覚悟を持って
つまづいたらテンポを落とし慣れてきたらテンポを上げ
つまづいたらまたテンポを落としその都度確認していきましょう!

イントロ中抜きフレーズ2

イントロの2個めです!

ドドッドドドド タンドドッドド ッドドッドドッドドッドド

こちらは、先ほどと違って一見音数が少なくなったので簡単なのかな?と思う方もいるかもしれませんが…

そんなことありません!

裏にバスドラを入れたりと
シンバルとのタイミングがイントロ1よりも、もっと合わせ辛くなります。

まず最初のバスドラの2打がすごく入りにくいんですね。
ここの原因は上手くは言えませんが

先程のイントロは踏み始めが7打だったのに対して、
踏み始めが2打に変わったため脳が追いついていないのかなと考えています!

脳が追いつかず、出だしで躓いてしまうんですね

また、2打の後に4打がくるので身構えてしまうのかなとも考えております。

中抜きフレーズの練習コツとしては

  • 左右で踏むバスドラに対してシンバルは何打目の左右のどちらの足と一緒に叩くか
  • スネアはシンバルの何個目で叩いていくのかをを感覚ではなく譜面に写したりしていくといいです。

例えば、
このイントロの
「ドドッドドドドッタン」であれば、

  • 「ドドッ」の踏み始めと同時ににシンバル
  • 「ドドドド」の2打目にシンバル
  • 次の3回目のシンバルはスネアをと同時に入れる

など、数字的に把握していきましょう!

そうすると練習もしやすく覚えやすいです!

Bメロタム回しリズム

次にこちらです!
この曲のダークホースだと思っております。

フレーズとしては、
基本のリズムににタムを混ぜてフィルインに近いようなフレーズです!

タムとバスドラを絡めると、
タイミングが合わせ辛く、忙しいのでミスりガチです。タイミングが合わせ辛いことからリズムもバレやすいです。

タムを絡めたフレーズに関しても
感覚で覚えるよりもフレーズを分解して少しずつ丁寧に覚えていくというのが1番近道です。

  • ゆっくりフレーズを覚える
  • だんだんスピードを上げる
  • フレーズの前後パートも合わせて叩いてみる。

色々な曲もこの方法でやっていくと良いです。

また、シンバル、タムの移動が多く一度ミスると演奏が止まるくらい混乱します

まずは混乱しないようゆっくりから行っていきましょう

間奏中抜きフレーズ

こちらは、「ドドッドド…」2打となっております。

イントロより音は少ないですがタイミングが難しいです。

ドドッドドッドドタドドッドドッドドッドドッドドッタッドッド」

このフレーズにシンバルを入れるのがなかなか難しいので重点的に練習していきましょう!

  • 最初の「ドド」は頭にシンバル、
  • 2個目の「ドド」は後ろに
  • 次のシンバルはスネアと同時に

というように部分的に細かく覚えていきましょう。

リズムが取りづらいフレーズは体幹もブレやすく後にも影響しやすいので、
体幹も意識して練習していきましょう!

終わりに

いかがでしたでしょうか?

中抜きのフレーズやタムを絡めたリズムは、
覚えるのが大変なのとどうしても合わせるのが難しいです。

ですが、できるようになるととてもかっこいいので是非とも挑戦してみてください!

では、バハハーハー

CATEGORY

NEW

  • 【自由が丘のギター教室】ギター講師小倉大典のブログ/第23回「木材」

    query_builder 2024/02/15
  • 【ウィンズエンターテインメント】高崎実のファイントーク第23回放送!!

    query_builder 2024/02/01
  • 【自由が丘のギター教室】ギター講師小倉大典のブログ/第22回「消耗品パーツの交換時期」

    query_builder 2024/01/22
  • 【ウィンズエンターテインメント】高崎実のファイントーク第22回放送!!

    query_builder 2024/01/04
  • 【自由が丘のギター教室】ギター講師小倉大典のブログ/第21回「弦交換のタイミング」

    query_builder 2023/12/22

ARCHIVE