音痴とは?

まずは、音痴を理解しよう!

「音痴」とは、、、
音に対する感覚が鈍く、正しく発声・発音する事が苦手な人を指します。
「方向音痴」「運動音痴」などの派生語にも象徴されるように、
ある一定基準の感覚が周囲の人に比べて劣るという印象に用いられる言葉です。

音痴になるメカニズムとは?

「音痴」には大きく分けて以下の2種類があり、そのメカニズムも異なります。

運動性音痴

「この音を出したいけど合ってない…」音が外れている自覚があるのが「運動性音痴」

正確に音階を聞き取れているのに、筋肉や呼吸のコントロールが上手くいかずに音程がずれてしまうタイプです。

また、羞恥心や劣等感が元で声に異変が起き「ストレス」によって音程を外してしまう場合も「運動性音痴」という位置付けとなります。

感受性音痴

「ズレているかが分からない…」正しい音程の認識ができないのが「感受性音痴」

正しい音程や音階を認識できない為、出すべき音と自身の感じ取っている音にずれが生じてしまうタイプです。

「運動性音痴」に比べると矯正に時間がかる事が多いが 、ほとんどは音楽に触れる機会が少ない事から起きる「音楽経験不足」が原因です。
(稀にある脳の先天的異常である場合を除く)