大山正篤講師の「リアルロックドラムセミナー」開催!!

ウィンズ音楽教室Presents

ドラム科 大山正篤講師の「リアルロックドラムセミナー」

1部 『ロックドラマー必見!大山式セッティング術』 (50min)

リハーサルもレコーディングもライヴもドラマーに求められるのはスピーディーかつ効率の良い「セッティング術」。
各アイテムの角度や高さ一つでバンドのサウンドにも影響を及ぼすドラムセッティングですが、「今さら聞けない」と我流を貫き通しているドラマーも少なくないのではないでしょうか?
熟練のプロ大山正篤講師の経験値ならではのセッティング術を学び、日々感じていた細かな疑問を解消する絶好のチャンスです!

2部 『実践型ロックドラミング講座』(60min)

ロックドラミングの神髄を実際に演奏の中で学びます!
皆さんの「僕ならこう叩く」「私はこう魅せる」を プロのデモ演奏と比較。その後、大山講師本人から「魅せるドラム」のレクチャーがございます。
今回の課題曲は 日本ロック界に燦然と輝く名曲「GLORIA」です。至高のロックドラムを学ぶ またとない機会です!

【日時】3月31日(日)
受付 13:30~/1部 14:00~/2部 15:00~ (全120分前後を予定)
【定員】25名
【参加費】5,000円
【課題曲】ZIGGY「GLORIA」

※参加者は事前に上記楽曲を聴いて1コーラスだけでも ビートパターンを練習しておいてください。

【問い合わせ】電話:0120-379-258/メール:info@wins-music.com

【講師プロフィール】
大山正篤 (おおやま まさのり)
1964年5月25日生。北海道釧路市出身。

森重樹一を中心に結成された日本を代表するロックバンドZIGGYのドラマーとして1987年に徳間ジャパンよりデビュー。
フジテレビ系ドラマ「同・級・生」の主題歌「GLORIA」のヒットなどで日本中に知られ、日本武道館での公演を成功させている。
現在は、椿 真一がフロントマンを務めるバンド「the 8−eit」のメンバーとして精力的に活動を続ける他、後進の育成にも携わっている。